日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

仮想通貨って何?|貧乏人はいつもチャンスを逃す

仮想通貨

仮想通貨って何?|貧乏人はいつもチャンスを逃す
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

仮想通貨とは...

怪しいものなの?

円、ドル、ユーロ等の国や政府、またはその国の中央銀行が取り仕切る通貨を法定通貨と言いますが、それとは違い国や中央銀行が一切介在しない電子化された通貨のことを仮想通貨、正式には暗号通貨と言います。
ビットコインが一番有名ですが、既に世界には2000種類以上の仮想通貨があると言われています。ちなみに法定通貨は世界に170前後しかありません。
仮想通貨のメリットは送金性にあります。日本のような銀行網が発達している国に住んでいると分かりにくいかもしれませんが、海外には送金に時間とお金がかかる国が大半なのです。
例えば日本で国内に100万円送ろうとしてもかかる手数料は数百円、日数はその日のうちか次の日には送金できます。
しかし、海外には国内送金ですら送金手数料が送金金額の1割、かかる日数が10日以上という国が沢山あります。
世界第一位の経済大国アメリカですらニューヨークからロスアンジェルスに100万円送ろうとすると5日ほどかかり、手数料は3000円位とられるのです。
逆にデメリットは、
・利用者に対する価値の保証が無い。
・闇市場を生みやすい。
・課税の逃げ道になる。
・マネーロンダリングに利用される。
などがあります。

ヨーロッパ中央銀行は2012年に仮想通貨を「未制御だが、特殊なバーチャルコミュニティで受け入れられた電子マネー」と定義付けた。[1] 米国財務省金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)は2013年に仮想通貨を「本物のお金」の対義語と位置づけ、どの司法組織においても法定通貨としての価値を持たないものとして、ガイダンスを発表した。[2] さらに2014年、欧州銀行監督局は仮想通貨を「デジタルな価値の表現で、中央銀行や公権力に発行されたもの(不換紙幣を含む)でないものの、一般の人にも電子的な取引に使えるものとして受け入れられたもの」と定義付けた。[3]
日本では2016年に成立した新資金決済法の下では、「仮想通貨」は「物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの」又は「不特定の者を相手方として相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの」と定義されている。

出典 http://ja.wikipedia.org

優良仮想通貨
NOAHCOIN

NOAHCOIN日本正規代理店
◆NOAH COINの購入はこちらから
↓↓↓


1
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin