日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

注目の仮想通貨NOAHCOINを完全中立性を保ち考察してみた!

仮想通貨

注目の仮想通貨NOAHCOINを完全中立性を保ち考察してみた!
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

NOAHCOINは本物か?

・方式:POS(プルーフオブステークス)

この方式により決裁スピードを速くできます。これはイーサリアムと同じ方式ですね。
ビットコインの場合は決裁スピードは10分くらいかかりますので、ネットショッピングにはよいが、店舗決済には向いてません。

・配当

初年度20%の配当が付きます。配当がつくというのは良いですが、こういう場合どんなバックグランドがあってそれが実現できるかがキーになります。

NOAHCOINの場合、運営組織にフィリピンの銀行がはいってます。そこの銀行の平均投資運用成績が60%あるのでそこが源泉となります。ここがはっきりしていると配当利率も納得できますね。

・マイニング

NOAHCOINはビットコインと比べると無駄なマイニングを一切しない。
ビットコインはこれにより膨大な電気コストが必要になる。これは管理コストが非常にかかる。
投資としてみた場合は、無駄に供給が増えるということは価格は上がりづらい方向に向きます。

・APIを公開

APIを公開することで他の暗号通貨や法定通貨やネットバンキングと連携を取ります。ここは拡張性に関しては大きなポイントになります。ここに規制が多いと持つ人が限定的になります。中国が計画しているチャイナコインはここの規制が多くなることが予想されます。

・広告プロモーション

フィリピン最大級のメディアABC-CBNにてテレビ、ラジオにおけるCM随時放送。
Facebook広告やフィリピンエアラインの全面協力により機内広告でNOAH COINのPVを掲載。
これは効果がどれだけあるかはやってみないと分かりませんが、少なくとのフィリピン国民に対しては非常に効果性が高いと考えます。

・必要性

NOAHCOINはフィリピンの海外就労者がフィリピンに仕送りを送るときに手数料を軽減するために計画されました。
フィリピンの海外就労者は1000万人以上でこれは現在のビットコインホルダーの3倍以上です。彼らの1年間のフィリピンへの送金額の合計は3兆円を超え、これもビットコインの時価総額の3倍。送金手数料の年間総額は3500億円以上、この現状フィリピン以外の国に落ちている送金手数料をすべてフィリピンに持ち帰るために仮想通貨を企画しました。
つい先日、フィリピンがビットコインの規制をするというニュースが出てましたが、NOAHCOINのプレセールが始まったタイミングとほぼ一致している。表向きはマネーロンダリングの防止などと報道されていましたが、これはデキすぎていると思いませんか。どう見てもフィリピン政府がNOAHCOINの必要性を上げるための策に思えて仕方がないです。
フィリピンという一つの国が国を挙げてが一つの仮想通貨の必要性を全面的にヘッジしていることになると今までにはない仮想通貨です。国を挙げて仮想通貨を広めるという意味ではチャイナコインとコインと同じですが、チャイナコインと違うのはNOAHCOIN以外の仮想通貨や法定通貨との換金性に規制をかけないところです。

・総合評価

ここまで見てみると,NOAHCOINには大きな穴が見当たらない。これはかなり有望な仮想通貨なのではないかと考えます。



1
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin